男の人

いろんな用途に合わせてパンフレット印刷を行なおう

意図をしっかり伝えるコツ

広告

視覚に情報を伝えます

チラシの利用目的は、個人や企業によって様々です。商品の紹介ということもあれば、イベントのお知らせ、個人や会社のお披露目という場合もあるかもしれません。共通して言えるのは、何らかの情報を伝えるためにチラシという媒体を利用するというところです。その際、大切になってくるのがデザインです。デザインが異なれば、同じ情報を伝えるにしても、伝わり方や受ける印象が変わってきます。どれだけの情報量を詰め込むのか、何にどのくらいのスペースを使うのか、どういった色使いをするのか、といった視覚的な要素を考えて行くのがデザインです。一瞬で伝えたいことが伝わったり、興味を持って細部まできちんと目を通してもらう様なチラシにするためにも、デザインがとても大切になります。

再現性が大切です

作成者の意図がしっかりと伝わるチラシに仕上がっているかどうかは、デザインによるところが大きいです。綿密に計算されたデザインであれば、チラシが目に入った瞬間に、伝えたいことが伝わるということも難しくありません。そのデザインを最大限活かすためにも、注意したいのが再現性です。印刷時に使用する色数に制限があったり、技術的な問題があり、デザイン時の再現性を損ねてしまうと、チラシとしての効力も台無しになってしまいます。どれだけ優れたデザインであっても、コスト面や技術的な面から再現性が低ければ、実質的な利用価値は落ちてしまいますし、意図していたチラシとは全く別のものが出来上がってしまうことになりかねません。再現性をしっかりと考慮することも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加